Entry

Category: 今日の呪文

ワイルド

先日テレビで「翔んで埼玉」が放送されたので見た。

ものすごく楽しみにしていたのだが、漫画かアニメなら面白いと思うだろうけれど、実写なのでお笑いのリズムがうまく受け取れなかった。

二階堂ふみのウィッグがあまりにも不自然なのが気に入らなかった。
もっとソフトなウェーブにして欲しかった。

いろいろ気に入らなかったので寝転んでうとうとしながら見た。

しかし「千葉県民の拷問:体中の穴という穴にピーナッツを詰めて地引き網漁をさせる」という場面では起き上がってしっかり見た。

ピーナッツは殻ごと詰めると思ったのに、中身だけか。

殻ごと詰めるほうがワイルドな気がする。

ほどほどに防御

道を歩いていたら、いつもはわざと嫌がらせで目に飛び込んでくる小さい虫が、マスクと鼻の隙間からスッと中に入った!
私はマスクの正しい付け方をしていた(つもり)だった。
ううううう、これ以上顔にぴったりくっつけることはできない。
マスクをしていてもウィルスを完全に防御できないことがよく分かった。
ほどほどに防御しよう。

マスクの在庫がないお店が多い。
花粉症なのにマスクが買えない人もいて、お気の毒だ。
私もマスクの手持ちが無くなったら、パンダナで盗賊風とか手ぬぐいで職人風に口元を隠してみよう。
それともマスクを手作りしようかな。

マスクが売り切れて買えない人向け、ペーパータオルでマスクを自作する方法
https://gigazine.net/news/20090521_papermask/

ペーパータオルはすぐ破れそうで不安だなあ。
そういえばシンガポールで「マスクとトーレットペーパーの材料が同じ(?)」という理由でトイレットペーパーが品薄になったらしいのだが、どうやってマスク状態にするのだろうか。
(タマネギなどが入っている)ネットにトイレットペーパーを挟めばなんとかできるかもしれないが、顔にネットの跡が付く。
それならコーヒーフィルターのほうがまだマスクっぽいではないか!

……普通にガーゼで作ろう。
ガーゼを四角にたたんで端をちょこっと縫えばいいだけだよね。
同じことを考えている人が多いらしく、百均のお店でマスクゴムが品薄になっていた。
通販サイトでもマスクゴムは品薄だった。
ゴムをやめて、柔らかいひもにしようか。

可愛くレースで飾りたいのだが、そうするとマスクはブラジャーに似てしまう。
ブラジャーの片方を切り取ってひもをつけてもいいかもしれない。
色と模様によってはオシャレだ。
やはり通気性も重要なので、下着売り場でブラジャーに顔を埋めて確かめたいけど無理だろうな。

……普通にガーゼでシンプルな地味なマスクを作ろう。
材料を集めて作ろうとしていたら、同居人が「みんなもメルカリで高いマスクを買わずに美花のようにマスクを作ればいいんだよ」と言ったので「じゃあこの材料でお前が作ってみろ。できるのか」と言ったら「すみませんでした。できません」と謝った。

地味なマスクなんか作りたくないにゃん。

イライラ対策

「某市長がまた暴言」とニュースになった。
お酒の席で市議と口論になって「もう議員辞めてまえ」と言い、すぐ謝って市議も気にしていないらしいのにニュースになるとはすごい。
以前も言葉の一部だけを問題にされて辞職していたが、住民のために良い仕事をする人なので再選した。

インタビューを見ると、市長は前回の暴言の際にアンガーマネージメントをやっていて、「コンビニ行ったときにかつては袋に入れるのが遅いとイラッとしていましたし、 冷凍と冷蔵を一緒に入れられると、なんで一緒なんだと思っていたが、今は入れてくれるだけでありがたいと思うように変わりました」ということだった。

細かなことが気になる人だな。
冷凍と冷蔵とは、何だろう。
アイスクリームとシュークリームだったら私はイラッとしない。
アイスクリームとレンジでチンされた肉まんだったら、イラッとしかけるかもしれないが、私は二つの袋に入れてもらっても片手で持つので同じことだと思い直すだろう。

アンガーマネージメントを検索して少し読んでみた。
最後まで読むのは無理。
こんな細かくて理論的なことをやろうとする人は私と正反対の真面目なのだな。

私は頭の中がお花畑なので、イラッとしても暴言を吐くことは少ないと思う。
でも一度だけ、特大のイライラが我慢できず大声を出し同居人にカバンを投げたことがある。
カバンは当たらなかったけど。
少し落ち着いたよ。

物に当たったらダメなのか?
イラッとするのが落ち着くまでトイレに行くのもいいが、鏡を見ると拳で割って「ぐわぁあああ」と叫ぶタイプの人には向かないだろう。
枕かクッションを布団かベッドに投げつけるのが、音も小さく物も壊れなくて良いのではないだろうか。

布団かベッドを持ち歩くわけにもいかない。
カバンの形をした(殴っても手を痛めない)適度の硬さのクッションを持ち歩き、イラッとしたときは落ち着くまでパァァァンパァァァンとグーで殴ればいいのではないか。

「おお、市長がイライラを押さえてくれている」と思った人は打ちやすいようにカバンクッションを持ってあげよう。

どう?

デデンポウとゲオサンスラ

数日前に「世界の何だコレ!?ミステリー」という番組があって、幽霊が出現するホテルの夜をモニタリングする場面を見た。
夜中にベッドのきしむ音が女の人の声に聞こえるということで、怖がりの私だけど「多分やらせだろうな。アメリカのホテルだから多分英語だ。私に聞き取れるかな」と耳をすませた。

不思議な音の字幕に「ゲオサンスラ」と出たので、爆笑してしまった。
意味のある言葉を書けば、それらしく聞こえるのに。

ささやくような女の人の声みたいだった。
ゲオとラの部分が聞こえないのよ。
サンシャインかシャンソンに近い音に聞こえた。

その次の音にデデンポウと字幕が出て、また爆笑した。

ででんぽう。
なぜか「だらにすけ」を連想した。
民間薬の名前っぽいと思った。

ネットのみんなはどう聞こえたのかなと思ったら

https://twitter.com/search?q=%E3%83%87%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%82%A6&src=tyah

ぎゃあああああっ!
ものすごく怖い。

dead on pow(捕虜で死んだ)だって。

でも dead and power という人もいる。
スペイン語で  de donde (どこからきたの?)だという人もいる。
ハイチクレオール語では 大丈夫の意味らしいね。

みんなそんなによく聞き取れているのかな。

私はもののけは大好きだが、幽霊は信じていない。
でも亡くなった人がいるのに、興味本位で音を聞く自分に嫌悪感があって怖い。
しかし、聞いてしまったのによく分からないのもすごく嫌だ。

you tubeで、「人によってYanny、Laurelと聞こえ方が違う音」を聞く。

>YannyかLaurelか(ヤニーかローレルか、英語: Yanny or Laurel)は2018年5月にインターネット上で話題になった音声クリップであり、人によって全く違う2つの単語に聞こえる。

>ミネソタ大学の音声学教授であるベンジャミン・ムンソンはこのクリップについて、「Yanny」が高周波数域で聞こえ、「Laurel」が低周波数域で聞こえると解釈した。高周波音が聞こえにくい高齢者ほど「Laurel」と聞こえる傾向がある。

まだYannyと聞こえるから、私は高周波数域が聞き取れると思うんだ。

ちなみに、私にはデデンポウは「テレフォン」にしか聞こえなかった。

対策

収れん火災のニュースを見た。
太陽の光を凹面鏡が集めてしまったのが原因なのだが、焼け残ったその鏡を見て怖くなった。

普通の鏡とほとんど同じぐらい平らに見える。
光を集めてもそんなに温度が上がらないと思い込んでいた自分が怖い。

ステンレスのボールが原因になることもあるようだ。
ボールにはっきりと顔がうつるわけではないので、光を集めてもそんなに温度が上がらないと思い込んでいた自分が怖い。

我が家の窓には、(紫外線90%カットで遮熱性がある)レースのカーテンと遮光カーテンを付けている。
しかし車が通ると家が揺れてカーテンが少し開いてしまったことがあるので、心配だ。

部屋にいないときは雨戸を閉めなくてはいけない。

(部屋の中を片付けるというのは無理だぴょん)

 

似た者が住む街

駅近くのゴミ捨て場に「カラス進入禁止」という看板があった。
おお、ここに住むカラスは文字が読めるのか。
感心しながら帰宅した。

ネットで検索すると、「カラス進入禁止」の看板を掲示すると効果があるらしい。
カラスが看板の文字を読むのではない。
「看板を見た人間が不思議そうにカラスを見る行動」をカラスが警戒するということだ。

しまった。
カラスを探して見上げなくてはいけなかったのか。

感心するだけの人が多いらしく、看板はしばらくして外された。

正しく進む

昨年の12月1日から道路交通法が改正され、スマートフォンなどを操作しながら運転する「ながら運転」に対する取り締まりが強化された。

私が今まで一番びっくりした「ながら運転」は、カップラーメンを食べながらトラックを運転していたおねえちゃんだ。

運転中の飲食は片手ならOKらしい。
なるほど。
暑い日に飲み物無しだと熱中症になってしまうよね。

想像してみた。
車が雪に閉じ込められて空腹で倒れそうになった時、差し入れにカップラーメンをもらい「さあ食べよう」としたら、前の車が動き出した。
どうしたらいいだろうか。
箸を使わずに、カップ入りヌードルスープだと思って少しずつ麺をかみ切りながら飲むのがいいと思う。

着物で自転車に乗っているおばさんにびっくりしたことがあるが、もっと上がいた。
法衣で傘を差しながら自転車に乗っている坊さんである。
自動車なら運転できると思うのだが、自転車はいかん。
仏の道も人の道も正しく進め。

夢の中で夢を見る

最近、体が重い。

夢を見た。

霊が見える人が、私をじっと見て言った。

「あなたは、霊に取り憑かれていますよ。あの浜に行きましたね。」

「はい」

「同じ夢を見ませんか?」

「そういえば、海中深くごぼごぼと泳いでいる夢ばかり見ます」

「やっぱり!あなたに取り憑いているのはシロナガスクジラです!」

……。

そうか。

体が重いはずだ。

透明飲料で混乱

世の中には無色で味付きの飲み物がある。
先日、自動販売機で(多分)おばあさまがよちよち歩きの女の子のために飲み物を買っていた。

じっと見つめる女の子の前で、おばあさまはピーチ味の無色の飲み物を買った。
栓を開けて飲ませようとするが、女の子は必死に口を閉じる。
水だと思っているのかもしれない。

おばあさまはあせった。
「水じゃないって。ピーチ味だから」
目も口も閉じて拒む女の子。
「一口飲んでごらん。分かるから」
おばあさまは必死に説明するが、女の子は逃げていった。

女の子は二歳になっていないかもしれないので、「ピーチ味」より「桃味」と言ったらわかったのではないかとも思う。
でも、幼くてもピーチの意味を知っている可能性もあるので黙っていたシャイな私である。

楽しみにしていたんだ

★注意・ネタバレ有り★

テレビで映画「鎌倉物語」を途中まで見た。
……見るのが疲れたのでスイッチを消した。
映像もきれいだし、俳優も嫌いでは無い。
SFもファンタジーもホラーも大好きである。
同じ監督の「ALWAYS三丁目の夕日」が大好きだった。
好きすぎて「佳作と学芸会が混在した快作」というamazonにレビューがある別監督の「ALLDAYS二丁目の朝日」まで見てしまった。

予告の映像を見てものすごく期待したのに、(精神的疲労で)最後まで見れなかったことが悔しい。
なぜだろうと、もやもやした気持ちを消すべく感想を見て回った。

eigamanzaiの映画レビュー
DESTINY 鎌倉ものがたり 評価と感想/面白いけど劇伴で興醒め
https://eigamanzai.com/movie-review/destiny-kamakura-story/

↑ここのHPの映画の写真を見たときに、イラッとした。
妻役の俳優に。
そうか……、私はあのぶりっ子っぽい演技が嫌だったのだな。
原作の漫画をwebで試し読みて、イメージに近い俳優さんを選んでいると思ったのだけれど。

演技が嫌いだったことが分かると、いろいろ思い出した。
妻が黄泉の国に行ったとしても、夫も毒キノコを食べればいいだけのような気がした。
最初から解決方法があるので、ストーリーに緊張感が無いのであった。
でもでも、よく考えたら、飛び込み自殺では黄泉の国に行けないのに、毒キノコで行けるというのは、黄泉の国の基準が変では無いかっ!
それに夫が黄泉行き電車に死に神の付き添い無しで乗っても、スルーされていたのはなんでやねん。
黄泉の国のチェック甘過ぎ!

そうか……、いろいろ気に入らなかったのか。

Pagination

  • Page
  • 1
  • 2
  • 3

Utility

Calendar

01 2020.02 03
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

About

まったりと、ひそやかに、ナチュラルに、腐女子語り。

Entry Search